Conglo for SDGs

人と地球と未来のために

社名の由来でもあるコングロマリット・・・

地球の未来へ向けて多様種に渡る事業展開を目指し、皆様に価値あるご提案続けて参ります。

SDGsとは・・・

  • 2015年に国連総会で決められた2030年までに達成を目指す国際目標です。
    「持続可能でより良い世界」を実現するために17の大きな目標を定め具体的な169のターゲットで構成されています。
    地球上に「誰一人取り残さない(leave no one behind)の理念を全世界が誓いました。

    • 1 貧困をなくそう
    • 2 飢餓をゼロに
    • 3 すべての人に健康と福祉を
    • 4 質の高い教育をみんなに
    • 5 ジェンダー平等を実現しよう
    • 6 安全な水とトイレを世界中に
    • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 8 働きがいも経済成長も
    • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
    • 10 人や国の不平等をなくそう
    • 11 住み続けられるまちづくりを
    • 12 つくる責任つかう責任
    • 13 気候変動に具体的な対策を
    • 14 海の豊かさを守ろう
    • 15 陸の豊かさも守ろう
    • 16 平和と公正をすべての人に
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう

コングロ社が達成すべき持続可能な取り組みとは何か?

コングロ社が掲げる3つの主要取り組み

  1. 1.安全安心な街つくり

    • 11 住み続けられるまちづくりを
    • 12 つくる責任つかう責任
    • 13 気候変動に具体的な対策を
    • 15 陸の豊かさも守ろう

    安全な街づくりの基盤となり、建物を安全に支える為には基礎補強が必要不可欠です。
    地震大国日本では、国家レジリエンスの強化を目指す中で、住宅でも建物だけでなく地盤への関心度も高くなっています。基礎補強の中でも、近年は資源の保全に加えて、建築資材の高騰化にも伴い、使用材料の縮減化が重要度を増しています。
    そして街に緑を増やす取り組みとしてエクステリアの緑化活動、彩り溢れる住環境は生活の安心とやすらぎにも繋がっていきいます。

    長く住み続けられる安心の住宅

    MS工法®

    MS工法® コスト縮減と環境負担低減をも意図して開発を行った工法で、㈶日本建築総合試験所に於いて「建設技術性能証明」を取得した地盤改良工法です。
    大型の重機を使用せず小型バックホー・ランマーのみで施工を行う為、隣接する住環境への影響も少なく、格子状に浅い深度で改良していることから、従来の一般的な地盤改良工法に比べて、使用する材料(固化材)が半分以下となります。

    彩りある暮らしの実現

    エクステリア事業

    エクステリア事業 エクステリア工事の際に植栽の提案を積極的に行い、緑で彩りを与え、住宅街の中でも自然あふれる心地よい環境を実現させます。
    また、リサイクル素材の製品提案も心がけており、自然環境を大切にしながら、次世代に渡って原風景になるような街づくりを目指しています。

  2. 2.資源効率の改善

    • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 8 働きがいも経済成長も
    • 12 つくる責任つかう責任

    2030年までに廃棄物の発生防止、削減を目的として、生産性と環境悪化の問題に於いて積極的に検討対策を行っております。
    株式会社コングロでは、エネルギー効率の改善対策として「現場管理システム」を導入しています。
    また、元受け会社及び協力会社が実務上必ず必要となる「請求書等必要書類のペーパーレス化」を継続可能な対策として実施しております。
    取り組み事例として、約600社の協力会社と電子請求査定をしており、パートナーと共に資源効率の改善に努めています。
    資源効率を改善することで、Co2を削減させる事ができ、継続した森林資源の保全に取り組んで参ります。

    生産性の向上と環境負荷低減

    現場管理システム

    現場管理システム スマートオフィス化・基幹システムの刷新により、ネットワークを活用し業務の効率化を進めています。
    現場管理システムの導入は、社員の労働負担の軽減、報告と現場状況が一致することによるミスの撲滅にも寄与しています。
    また、車での移動を抑える事でガソリンを従来よりも使用せずCo2の削減にも貢献しています。

    ペーパーレス化と査定の正確性

    電子請求システム

    電子請求システム 環境保護(資源削減)やデジタル社会における帳簿の保存やBCP対策の観点からも、ペーパーレス化は企業が取り組む重要課題であると捉え、請求書の電子化に対応しました。
    電子化によって請求査定関連のデータ保管・管理などの利便性やセキュリティ向上を図るとともに業務プロセスの効率化、生産性の向上を推進しております。

  3. 3.社員の幸せと企業成長

    • 3 すべての人に健康と福祉を
    • 4 質の高い教育をみんなに
    • 8 働きがいも経済成長も

    事業を継続していく上で、職場環境、働き手の幸福度はとても重要なファクターの一つです。
    社員やその家族が安全に生活できることが、企業の成長に繋がると考えており、伝染病に対するワクチン接種の推奨や健康診断の実施に努めています。
    また、社内では実務教育研修ならびにコンプライアンス研修を定期的に行うことで、より良い社会の仕組みづくりやステークホルダーへの貢献、社員の幸福度を充実させて、企業成長へ繋げて参ります。

    知識力の向上とワークライフバランス

    実務教育研修

    実務教育研修 安全安心な街づくりに対する知識力向上を目的とした研修を定期的に開催しています。全ての社員の知識力が同等程度となるように、常日頃から従業員同士で活発な議論を行っているため、仕事のシェア化が可能となっており、労働生産の向上と仕事のやりがいに繋げております。
    更に業務に必要な資格を取得した際には、報奨金を支給しております。

    SDGs研修とコンプライアンス研修

    啓蒙活動

    啓蒙活動 コングロ社では社員各々がSDGsやコンプライアンスの理念を学習し、考え、実践出来る環境を整え、研修会の開催、レポート作成、HP上での掲示を積極的に行い、社員一丸となって体現していきます。
    また、協力会社と供にその理念を共有することによって、目標達成の一端を担い、会社の飛躍に繋げていきます。

Menu